読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりのブログ

パソコン、開発関係の思いつきと作業記録

Xperia Z Ultra + BIC SIMにした話

スマートフォン

auで2年契約していたiPhone5の更新月になったので、次をどうするか数ヶ月前から検討してきました。

iPhone6、同Plus、そしてiOS8の発表でサプライズがあればiPhone継続!と思っていたのですが、去年に引き続きあまり心惹かれる新機能・新サービスはなし。このままiPhoneにするか、それともAndroidに乗り換えるか悩ましいところ。新機能がないのは完成した製品の証ともとれますが、iPhone継続の決定力としては弱い。

折しも、8月末にiPhone5バッテリー交換プログラム(いわゆるリコール)が発表され、運良く(?)対象機だったのでバッテリー(というか本体まるごと)新品状態になったばかり。そこで急浮上したのが、このままiPhone5を使い続けるという選択肢。

auの契約をこのまま更新すれば手間ないのですが、月額料金が5,000円を超える計算になります。ちなみに、今までは2,600円/月程度(うろ覚え)だったので、ほぼ倍です。ちょっとこれはキツイ。

そこでau系のMVNOでiPhone運用を考えましたが、mineoはiPhone5s/cしか対応してません。ヒドイ。

このタイミングで、待ってましたとばかりにMVNO各社からデータ増量やら値下げやらのキャンペーンが出てきました。IP電話サービスを使えば音声通話なしの安いプランにすることも出来ますが、保険の意味も込めて音声通話ありのプランを幾つか選定。

安くてそこそこのデータ量があるもの、ということでIIJmioのみおふぉんを選び、au継続した場合と2年間トータルの料金差額を計算しました。

みおふぉんは月額1,600円で、auは月額5,500円とすると、一ヶ月の差額は3,900円。24ヶ月で93,600円です。結構、いやかなりデカイです。これだけ差があると、SIMロックフリーのグローバル版の端末を買っても大抵はペイできちゃいます。

せっかくiPhoneが新品になったので、このまま安く済まそうと継続使用を検討したにも関わらず、新しく端末買ったほうが安いとか訳が分かりません。

一応、docomoSoftbankへの乗り換えも検討しましたが、MNP優遇は既になくなっている上、例の通話定額プランで月額料金もau継続と大差なし。MVNOに比べれば端末代をほぼ負担してくれるので、実質は安いのかもしれませんが通話あんまりしないのにモッタイナイという気がどうしても拭えません。また、下取りプログラムも発表されましたが、新品iPhoneを売る気にはなりません。まだまだWiFi専用のLINE、ゲーム機として余生を送ることもできますし。

というわけで、回線としてみおふぉんを使い、それに対応した端末を手に入れればこれまで通りの金額で維持できる算段となりました。予算は前述の93,600円まで。とはいえ、これより安く端末を調達できれば、それに越したことはありません。この予算ならば、iPhone6だって手が届きます。

しかしながら、今回のiPhone6にはイマイチ魅力を感じなかったので、Androidにしようと決めました。Android端末はこれまで触ったことも調べたこともなかったので、どれにしようか悩みました。

一時期、タブレットが欲しかったことがあり、その際にファブレットについてもちょっと調べたことがあったので、せっかくならとGalaxy Note系、Xperia Z Ultraを候補として比較しはじめました。

Galaxy Noteは新機種が発表されたばかりの最新スペックな上、大きさもちょうど良さそうとなかなか魅力的でした。でもカメラ性能がちょっと不安。
一方のXperia Z Ultraは、国内発売は去年の12月ですが、世界的には去年の6月頃発表されており、1年以上前の端末です。大きすぎるのが気になりますが、カメラ性能はまあまあといったところ。(フラッシュないですが)

いろいろな評価や値段を調べたところ、Z Ultraの評価は上々、価格も3万円代前半と安かったのでこれに決定。最終的にはeXpansysで購入しました。(なんでここまで値崩れしているのかは分かりませんが、気にしないことにします。)

端末が先に手に入ったので、MNPの準備です。
今回は電話でMNP予約番号を取りました。その場で発行してくれます。というか、口頭で番号伝えられたのにはびっくりしました。

つぎにみおふぉんですが、同じサービスをビックカメラが店頭販売しています。これがBIC SIMの音声通話付き。みおふぉんに公衆無線LANのサービスが付加されているのでちょっとだけお得です。

で、MNP手続きですが、まずはじめにBIC SIMをビックカメラで買わなければなりません。これはネットでも買えるようですが、私は急いでいたので店頭で購入。ビックカメラの一部店舗では、その場でMNP手続きが出来ますが、生憎私の行ける範囲の店舗ではやっていないので、自分でネットから行いました。

私の場合、丸一日以上回線がない状態がありましたので、電話が必要な予定のある方は注意が必要です。私は木曜日の深夜に手続きをして、金曜夕方に本人確認完了の連絡を受け、土曜日の夕方にauがオフラインになり、SIMカードが日曜日の夕方届いて開通となりました。土曜日夕方~日曜日夕方まで回線のない状態でした。しかしながら、土日も休まず処理してくれるのはありがたいです。

APN設定をして、すんなり繋がりました。今のところ、回線品質に不安を覚えたことはありません。

Androidにして分かったのは、初期投資が少々必要だということ。Z Ultraのせいもありますが、カバー、保護フィルム、SDカードは最低限必要。できれば、リングストラップもあると安心。なにせデカイので。iPhoneは裸運用してきたので、いっそう気になっちゃいました。

さて、浮いてしまったiPhone5ですが、Z UltraをWiFiテザリングの親にして運用しようと画策中です。ガッツリ調べ物をするときは画面の大きいZ Ultraがが良いのですが、移動中にちょっとネットサーフィンするには小さいほうが便利です。2台持ちだと充電など運用は面倒ですが、適宜使い分けできるメリットと相殺されるはず、と考えています。しばらくこの運用で試してみたいと思います。